野生動物を近寄らせない|イタチ駆除をするなら専用アイテムを使ってみよう|様々な退治法

イタチ駆除をするなら専用アイテムを使ってみよう|様々な退治法

婦人

野生動物を近寄らせない

動物

都会にも棲みつく

アライグマは雑食性であり、行動範囲も非常に広いです。そのため、野生化したアライグマは自然の多い田舎だけでなく都会に棲みついているものも少なくありません。特に都会に棲みつくケースでは近くに神社があってある程度の自然が残されていたり、川沿いであることが多いです。もしも棲みついてしまったら駆除をする必要があります。というのも、野生のアライグマには回虫が寄生していることが多く、その回虫が人間に寄生されてしまうと重度の脳機能障害を起こしてしまう可能性があるからです。そのため、アライグマはもちろんその糞尿にも素手で触らないよう心掛ける必要があります。そして、自治体や駆除業者に依頼して、駆除をしてもらうことが大切です。

電気柵を使う

また駆除の他にも寄り付かないように柵を設けるところも少なくありません。ただし、アライグマには普通の策ではあまり効果がないです。というのも、見た目に反して運動性は機敏であり、木登りも得意だからです。当然、柵も普通によじ登ってしまうため、効果は薄いです。しかし、電気柵は有効的だと言われています。アライグマが電気柵に触れると自動的に電気ショックを与えるような仕組みになっています。もちろん、ショックと言っても殺傷能力はほとんどなく驚かせる程度の効果しかありません。しかし、電気の存在を知らないアライグマにとっては、その電気ショックに大きく警戒してしまうため近寄らなくなるわけです。駆除を併せて電気柵の取り付けるとより効果的です。