イタチ駆除をするなら専用アイテムを使ってみよう|様々な退治法

男の人たち

野生動物を近寄らせない

動物

野生のアライグマは雑食で行動範囲も広いため、多く都会でも棲みついています。しかし回虫が寄生しているため駆除する必要があります。そして、駆除と併せて電気柵も設置すると寄り付かなくなるため、より効果的です。

More...

確実に追い払う

いたち

簡単に入手して対応出来る

イタチは、屋根裏などに侵入して繁殖を行う動物です。しっかりしたイタチ駆除を行わないと、完全に追い払う事が出来なくて、また元の場所に戻ってきてしまう可能性があります。イタチ駆除で真っ先に思い浮かべるのは、専用の捕獲ゲージでしょう。ゲージの中にイタチの好物を入れておいて捕獲する方法です。イタチの通り道になりそうな場所に、捕獲ゲージを置いておくと効果的です。多少設置に必要な場所が必要ですが、入手自体は難しくないので比較的人気が高い器具です。もっと手軽に入手できて、簡単にイタチ駆除が可能な方法があります。それは忌避剤を使って、イタチを近寄らせない方法です。忌避剤はホームセンターで購入する事が出来ます。このようなイタチ駆除用品を使って、確実に対応していきましょう。

アフターケアが大事

イタチ駆除を行った後のアフターケアも大事です。アフターケアについて、いくつか知っておきたい点があります。まず最初に、イタチの巣をしっかり除去して清掃しておくことです。イタチ駆除に成功しても、巣がそのまま残ってますと臭いが残ってしまいます。その臭い原因で、再びイタチが戻ってきてしまう可能性もあります。清掃の際は、専用の消毒剤を使ってしっかりと臭いを除去しましょう。またイタチが侵入してきた入口を封鎖して、二度と入れないようにしておきましょう。板を使っても良いですが、空気の出入りを確保したい場合はネットを使うのが良いです。イタチ駆除は、駆除した後のアフターケアまでが一連の駆除作業です。二度とイタチが近寄らないように確実なケアを行いましょう。

知識と道具で撃退

蜂

蜂の巣が出来てしまった時、自力で退治しようと考えることもあるでしょう。通販やホームセンターなどで対策グッズが販売しているので自分で駆除するのも可能ですが、危険度が高い時は専門業者に依頼すると安心です。まずは電話やホームページを利用して連絡をしましょう。

More...

地中に巣をつくる昆虫

ハチ

オオスズメバチやクロスズメバチは、地中に巣を作ることが多く、それを素人が退治するには危険です。業者に委託するのが良い判断だと言えますが、退治してくれるまでハチの巣に誰も近づかないよう対策を取っておく必要があります。

More...